薄毛とは何か? 薄毛の原因を理解しよう

AGA悩み
この記事は約3分で読めます。

一般的に男性は成人になると、少しずつ頭髪が薄くなっていくと言われています。

この生理現象が「男性型脱毛症」です。男性型脱毛症は、男性ホルモンのテストステロンが毛母細胞の中にある5αリダクターゼという酵素と結合し、ジヒドロテストステロン(DHT)に変わり、髪の毛を作り出す毛母細胞を委縮させることにより、髪の毛の成長を止めてしまいます。

そして、髪の毛の本来の寿命よりも早く抜け落ちることを言います。

DHTの毛母細胞に対する作用は、人種や性別、遺伝などにより異なってくるため、成人男性のなかでも薄毛にならない人がいたり、薄毛の進行具合が人によって変わってくるということが起きるのです。

ちなみに薄毛とは、髪の毛が抜けることを言うのではなく、寿命が終わった髪の毛が抜けてから、新しい髪の毛が正常に生えてこない状況のことを言います。

髪の毛はヘアサイクルがあり、一定期間成長した髪の毛は自然に抜け落ちて、
新しい髪に生え変わります。

髪の毛が生えてから抜けるまでの寿命の平均は2~6年と言われています。そして頭髪全体のなかで、休止期に入っている髪は全体の10%です。この場合、髪の毛が10万本あったら約3ヶ月の間に1万本が抜けていることになります。健全な髪や頭皮なら、1日に50〜70本ほど抜けることは普通なのです。

抜け毛は気になってしまうかもしれませんが、この程度なら自然の範囲内なので、敏感になりすぎて薄毛を進行させないように気を付けましょう。

薄毛の原因は?

薄毛の原因は色々なものがあり、大きく分けると4つに
分類することが出来ます。

1つ目は、遺伝的要素です。

薄毛の遺伝は、抜け毛などの症状がそのまま受け継がれるのではありません。

両親から男性ホルモンと酵素の2つを一定以上多く受け継いだら、
この2つが過剰に結びつくことによって、脱毛ホルモンが生まれやすくなり、
脱毛症につながりやすい体質になるのです。

このような先天的な原因でも諦めずに正しいケアを行なうことにより、
かなりの確率で予防することが可能です。

皮脂分泌過剰も原因の一つ

2つ目は、皮脂分泌過剰です。皮脂は髪や頭皮を適度に潤わせたり、
頭皮や毛穴を保護してくれる役割があります。

しかし、過度な皮脂と汗が混ざり合うと毛穴をふさいで、
新しい皮脂が毛穴の内側にたまって雑菌が繁殖し、髪が抜けやすくなるのです。

汗をかきやすい夏や運動後などには、正しい地肌ケアをしたり、
頭皮を清潔に保つことを忘れないようにしましょう。

ストレス

3つ目は、ストレスです。ストレスは自律神経や
ホルモンバランスを乱してしまい、血流を悪化させます。
そうなると、毛根に栄養分を十分に運べなくなるので、
髪の毛が育たなくなってしまいます。

血行不良

4つ目は、血行不良です。バランスの取れていない食事や睡眠不足、
過度なダイエットを行なうことで、頭皮の血流が悪くなります。
その結果、髪に栄養がいかなくなるのです。また、
煙草のニコチンは血流を悪くするので薄毛に影響してしまいます。

 

このような原因がとても悪影響していますね

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました