自分に合った脱毛と機械の種類を知ろう

美容の豆知識
この記事は約3分で読めます。

今となってはほとんどの方が利用している「脱毛サロン」

効果があったり、なかったりとサロンによって様々だと思います。

その理由としてあげられるのは選んだサロンがご自身に合った機械ではないと考えられること。

そこで今回は脱毛サロンの種類と使用されている機械の種類をまとめてみましたので、よろしければ最後までご覧ください。

脱毛の種類

・医療脱毛

医療脱毛は主にレーザー脱毛となりますので、毛の黒い色素であるメラニンにレーザーを反応させることで毛根を死滅させることから永久に脱毛が可能です。

医療の名の通り、サロンに医師がいますので安心して通えます。

また回数も少なく済むので時短で脱毛をすることができます。

ただ、難点としては値段が高いことと、痛みが強いという部分もあります。

・光脱毛

みなさんが1番身近に感じているのがこの「光脱毛」かと思います。

光を当て、毛根を少しずつ弱らせていく施術方法。医療脱毛に比べると出力弱く、同じ毛に何度も照射が必要な為、たくさんの時間を要します。

ただ、光脱毛は痛みがほとんどなく、美肌効果も期待でき、値段も安い多いので、初心者にはおすすめです。

・電気脱毛

あまり支流ではありませんが、電気脱毛という種類もあります。

他の脱毛方法とは違い、毛を一本ずつ処理していくので、かなりの時間が必要です。

メリットとしては打ち漏れがなかったり、体質は関係ないので1番完璧な永久脱毛が可能となります。

ただ痛みはかなりありますので、しっかりカウンセリングを受け決めた方が良いでしょう。

脱毛の機械の種類

◎医療脱毛で使用している機械

・ダイオードレーザー

特徴→日焼け肌、産毛も対応、痛みが弱い、やけどのリスクが少ない、施術のスピードが速い

・ヤグレーザー

特徴→剛毛への効果がある、痛みは強い、日焼けにも強い、皮膚を保護する冷却装置で副作用が少ない

・アレキサンドライトレーザー

特徴→美肌効果あり、部位によっては痛みがある、施術の時間短縮

◎光脱毛で使用している機械

・SSC脱毛→脱毛効果は普通美肌効果あり、痛みは弱め
・SHR脱毛→脱毛効果はイマイチ、毛周期に関係なく脱毛できる、痛みはほぼない
・IPL脱毛→脱毛効果が最も高い、痛みはやや強め
・ハイパースキン脱毛→脱毛効果は全体的にはイマイチだが、産毛への効果は強い、痛みはほぼない

◎電気脱毛の種類

・医療針脱毛→永久脱毛、痛みはかなり強め
・美容針脱毛→医療針よりは効果が薄い、やり方によっては痛みも軽減される

いかがだったでしょうか。
安易な考えでサロンを決めてしまうと、後悔する事もあります。出来るだけ自分にあった脱毛方法でがストレスもなく通えて良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました