肌が痛む脱毛方法と脱毛クリニックの需要

美容の豆知識
この記事は約2分で読めます。


毎朝のヒゲ剃り。あなたはまだ続けていますか?実は毎朝ヒゲを剃り続けるって無駄もリスクも多い習慣なんです。まずは費用についてです。一見、原始的で最もローコストな方法に見えて長い目で見ると実はコスパの悪いヒゲ剃り。

脱毛のコスト

シェーバーやシェービングジェル、アフタージェルなどのにかかるコストを毎月3000円として、18歳から60歳までそれを続けたとすると、実に150万円以上を費やすことになります。(実際はもっと長い期間、もっと多くの金額を費やすことになりそうですが・・・)そして、その期間毎朝15分をヒゲ剃りに費やしたとしましょう。すると、約5ヶ月もの時間にもなるのです。ヒゲが濃く、1日に複数回剃り、もっと時間をさいている方もいるでしょう。あなたのそのヒゲ剃り習慣は、人生で新車の軽自動車が買える金額と、5ヶ月もの時間をあなたから奪う非効率的な習慣なのです。ヒゲ剃りのデメリットはコストや時間の面以外にもあります。

肌が痛んでしまうカミソリ処理

肌が弱い方はカミソリ負けをしてしまうこともあります。カミソリはヒゲだけでなく、お肌の表面も日々削り、ダメージを蓄積させます。時には失敗して恥ずかしい切り傷を残し痛い思いもしなければなりません。ヒゲ剃り後も、青みが残ったり、手触りもスベスベにはならず、クオリティもいまいちです。そんな無駄なヒゲ剃り習慣から開放してくれるのがメンズ脱毛です。

脱毛サロン・クリニックの需要増加

今どんどん20代を中心に広がりをみせています。なぜ今脱毛をする男性が爆発的に増えているのでしょうか?それは前述したとおりのヒゲ剃り習慣による、無駄な費用や時間、労力からの開放がまずあげられます。費用面にしても、なんとなく高価なイメージもありますが、普及に伴い低価格化が進んでいます。サロンやクリニックによっては友達や家族と使えるペア割や、学割などなど様々な割引を使えるところも増えています。一人じゃ心細い方は友達や家族、同僚を誘ってみてはいかがでしょうか?意外と興味を持ってる人は周りにいるはず!就活前の学生さんも、印象の清潔感もアップしますし。学割が使えるうちに済ましておくのも賢いやりかたですね。


そして意外と多いのが、彼女や奥様に勧められて、というきっかけです。毛深さをワイルドだととることもできますが、実際は苦手な女性が多いのも事実です。清潔感に欠けますし、密着した時のジョリジョリ感やゴワゴワ感は・・・。脱毛で男性としての魅力を磨くこともできるんです。費用や施術についての詳しいことはサロン・クリニックの無料相談を利用すれば即解決です。悩む前に行動してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました