睡眠と美容の関係

美容の豆知識
この記事は約2分で読めます。

睡眠と美容について

睡眠とお肌の切っても切れない関係についてお話したいと思います。女性ならお肌をきれいに保つためにパックや保湿、美容液、スキンケアはこだわっている方が多いと思います。しかし、日々欠かさずにUVカットに励み、シートパックに高保湿成分の美容液、天然のオイルなど‥入念に保湿を行い成分にこだわったスキンケアを使っているにも関わらず、お肌は加齢の色を隠せず、なかなか肌がきれいにならないとお悩みのあなた。くすみ、目の下はたるみ、疲れがにじみ出た朝の顔。

その原因は寝不足になるのかもしれません。睡眠不足は翌日の集中力やぱパフォーマンスに影響するだけでなく、美容にも大きく影響を及ぼします。

毎日7時間以上の睡眠時間の確保

仕事に家事、子育てとい忙しい現代女性には毎日となると少し厳しい数字かもしれません。でも、休みの日に寝溜めしたって、疲れた肌が劇的に回復することなんてありません。夫に老けたなあと思われたくなかったら、まずはスマホを開いて過ぎていく時間、特に観たいわけでもなくなんとなく観ているテレビの時間を睡眠に使ってあげましょう。翌日の顔色や化粧ノリも良くなり、身体の疲れも取れて作業効率もアップして、なんとなく長時間疲れた顔で過ごすよりも充実した1日を迎えられるはずです。

お肌のゴールデンタイム

お肌のゴールデンタイムはよく耳にする言葉です。具体的にゴールデンタイムは22時から翌日2時の間を指します。この時間は成長ホルモンが最も多く分泌される時間帯です。成長ホルモンは成長期に身長を伸ばすイメージがありますが、日中摂取したタンパク質を合成し、お肌、髪、爪の回復補修を促してくれます。そして、余分な脂肪を分解し、溜め込みにくくする効果もあります。要するに、睡眠不足は日中摂取した栄養をザルに流して太りやすくする最悪な習慣なんです。

22時から・・・は現実的ではない気もするかもしれませんが、朝活を心がけるとそこまで難しいことではありません。朝の静かで心地の良い時間を家事や趣味に、出勤前なのにゆったりとした朝食をとってみる時間に当てる生活も素敵ですよ。

美容に良い6つの行動

・睡眠の質にこだわる

・日中の嫌な事を考えない

・シャワーで済ませないで、ゆっくりとバスタブにつかる

・アロマを楽しむ

・寝具の質にこだわる

・ノンカフェインの香りのいいお茶を楽しむ

など、寝る前の時間をリラックスして過ごす工夫も、自分を大事にしてあげてるって感じで楽しいですよ。少しの工夫でお肌や健康、メンタルへ大きな効果をもたらす睡眠。上手にその時間を過ごして、きれいで健やかなお肌と健康な毎日を過ごしていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました