壮年性脱毛症とAGAの違いとは 生活習慣を見直そう

AGA悩み
この記事は約2分で読めます。

壮年性脱毛症とAGAの違いがわからない方が多いのではないでしょうか。しっかり対策することで今後の薄毛を抑えられる可能性があるため、それぞれの特徴や違いについて確認しておくことが大事です。

そこで今回は、壮年性脱毛症とAGAの違いや、原因や対策について詳しくご紹介します。

 

薄毛は男性だけではない

AGAと壮年性脱毛症という言葉がありますが、AGAは壮年性脱毛症または男性型脱毛症といわれ

男性だけではなく女性にも起こりうる症状です。

つまりAGAと壮年性脱毛症は同じ意味合いで使われますので、原因や対策も共通しています。

30代から60代の男性に多い疾患ですが、20代より前で発症する場合もあります。

AGAや壮年性脱毛症になる原因とは

AGAや壮年性脱毛症になる人には、生活習慣に共通点があります。

・食事の栄養バランスが悪い
・毎晩一合以上お酒を飲み休肝日がない
・毎日寝不足
・ストレスを溜めやすい
・毛髪のケアをしていない
・喫煙している

このような生活習慣は髪にもよくありません。今は髪が気にならなくてもこの生活が進行を早めることもあります。

発毛剤や育毛剤で環境を整える

発毛剤で髪の成長を促す治療や、育毛剤で頭皮環境を整える方法などがあります。発毛剤は薬局などでも購入できますが、クリニックでの診断が必要です。栄養バランスの偏りが原因の場合は育毛剤での改善は期待できませんが、育毛剤の使用で頭皮環境の悪化を防ぐ可能性はあります。

健康のために生活習慣の改善

頭皮と髪の健康を保つために、生活習慣の改善は必須といえます。睡眠不足が続いている方は、髪の成長や頭皮のターンオーバーに影響を及ぼします。

バランスの良い食生活

健康な髪や頭皮を保つためには、普段の食生活で栄養をバランスよくとりましょう。栄養がどうしても偏りがちな方は、サプリで補うのもいい方法でしょう。

しかしサプリは栄養の含有量が多いので、目安量をしっかり守って飲むことが大事です。

ストレスを溜め込まない

ストレスによる頭皮への血行不良を防ぐために、ストレスケアを普段から心がけましょう。ストレスは溜まる前に発散させることが重要です。ストレスが溜まりすぎた状態だと、解消させることがなかなか難しくなります。

薄毛が気になる方は早めに相談

壮年性脱毛症は早めに治療を受けることで、薄毛の進行を抑えられます。放置すると薄毛が広がったことにより大きなストレスを感じる可能性があります。薄毛が少しでも気になったら、早めにクリニックを受診しましょう。ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました