4ヶ月で映像を仕事にするvideographer class

この記事は約3分で読めます。

動画編集のスキルを身につける場合、未経験だとどれくらいの期間がかかると思いますか?かなり時間がかかるのでは?と思われるかもしれませんが、実は最短4ヶ月で映像の知識を身につけることができるスクールがあります。

できるだけ短期間で映像のスキルをマスターしたいなら「videographer class」がおすすめです。

 

<撮影と編集に特化したカリキュラム>

動画編集のスキルを4ヶ月でマスターできる理由は、撮影と編集に特化しているカリキュラムになっているからです。仕事にすることから逆算して考えられているカリキュラムとなっていて、仕事になりやすい映像ジャンルに絞って学習していくことで、「最短4ヶ月で仕事ができる」が叶うのです。

各授業は最小6名で実践されます。少人数、対面形式の授業となっていて、ひとり一人に丁寧に指導があるため安心です。

毎週1本以上の映像作品を完成させて、卒業までに16本以上が完成します。これだけ多くの映像作品を完成させることができるのは、「videographer class」ならではです。

 

<学習環境にもこだわりあり>

「videographer class」は、学習環境にもこだわりがあります。学習場所は教室ではありません。実際の現場を想定した撮影場所で進めていきます。そのため、毎回学習場所が変わります。各授業でその日のテーマに合う場所で授業します。商品やモデルがいる場で撮影できるので、実際の現場の雰囲気をつかむことができるでしょう。

 

<4ヶ月のカリキュラムの詳細は?>

1ヶ月目は撮影機材の使い方や撮影の基礎、カメラワーク、2ヶ月目はジンバル、接写、インサート撮影を学びます。3ヶ月目は構図やスタジオ撮影、モデル指示、4ヶ月目は企画書の作り方や撮影ディレクション、チーム制作を行います。課題は毎週提出し、その都度講師からのアドバイスとフィードバックをもらうことができるので、どんどんスキルアップしていくのも実感できるでしょう。

 

<卒業後にもサポートがあるので安心>

「videographer class」は、卒業したら終わりではありません。卒業した後に学んだスキルを活かして仕事ができるようにしっかりサポートしてくれます。案件を獲得するだけのサポートだけでなく、作成する動画で悩んだ時でも相談することが可能です。現役クリエイターによるサポートを受けることができる点は心強いでしょう。

 

<まずは無料説明会へ>

「videographer class」では、無料説明会を開催しています。スクール説明会では、カリキュラムや学習について詳しく説明があるだけでなく、不明点を質問することも可能です。動画編集の仕事が、気になる方は参加してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました