全身脱毛を考えている女性へ!脱毛のリスクとは!?

脱毛悩み
この記事は約3分で読めます。

女性なら誰しも、全身つるすべ肌に憧れますよね。
私も、お金に余裕があったら全身脱毛したいなあと思っているうちの1人です。

その一方で、脱毛には怖い噂がつきまといます。
「脱毛したら、赤いぶつぶつができた」とか。
「施術を受けたら、やけどで真っ赤に腫れ上がった」とか。

せっかく高いお金を払って脱毛を受けるのに、お肌がぼろぼろになって帰ってくるのでは、いたたまれませんよね。

医療脱毛のリスクには、次のようなものがあります。今回は医療脱毛に絞って話しますが、医療脱毛でも、エステ脱毛でも、リスクは変わりありません。

1.やけど

医療脱毛では、レーザーで毛穴の内部にある発毛組織を熱で破壊するため、軽いやけどは避けられません。しかし、まれにそのやけどの症状が強く出てしまう方がいます。太い毛が密集している場所では、特にこのやけどが起こりやすいです。しかも、色素沈着としてあとが残る場合もあります。

2.ブツブツ(毛嚢炎)

毛穴の奥に細菌が入ることで起こる炎症です。レーザーを照射したときに、皮膚に傷が付き、もともとお肌にいる菌(常在菌)が毛穴の奥に入り込んでしまって起こります。

3.逆に毛が太くなる・多くなる(硬毛化・多毛化)

熱が十分に届かず、逆に発毛組織が活性化されてしまったためと考えられます。

ほかにも、炎症やむくみ(炎症性浮腫)がレーザーによって引き起こされることが報告されています。

医療脱毛サロンに行っても、だいたいこのような説明を受けるかと思います。

いかがでしょうか。脱毛サロンに行くのが、すっかり怖くなってしまいましたか?

大丈夫です。まず、脱毛によるトラブルのリスクは、ゼロにはできませんが、各サロンの努力によって最小限に抑えられています。

一方で、広告だけ華やかで、適切な資格のない人が施術を行っている、悪質なサロンもあるようなので、施術を受けるサロンは厳選しましょう。口コミでトラブルが報告されているサロンは避けるのが安全です。接客に問題のあるサロンは論外です。

また、自分で脱毛機器を使って施術するのでは全く意味がありません。それならサロンに通ったほうがマシです。

カミソリでの自己処理も、大きなトラブルはないものの、決してオススメできる行為ではありません。カミソリでムダ毛を処理するのは、「ラップ1枚分ずつ肌を剥がしていくようなもの」なんだそうです。

とりあえず私は、某脱毛サロンで自己処理用にとおすすめされた、フェリエを使っています。いつか全身脱毛したいとは思っています。
でも、そのためには、脱毛に伴うリスクも正しく理解しなければならないと思い、この記事を書かせていただきました。

読者の皆様には、怖がらせてしまってすみませんでしたが、皆様もリスクを正しく理解した上で、良いサロンを選ばれることを祈っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました