ダイエットに良いオイルと悪いオイル

ダイエット
この記事は約3分で読めます。

最近ダイエットに成功された〇XITのりん〇ろー。さんが、アボカドオイルを激推しされてましたよね。実は、もっと手に入りやすい、オリーブオイルにも同じような効果があるんだとか。そこで、気になるダイエットとオイルの情報をまとめてみました。

オイルはダイエットに必要

オイルは健康的な体づくりに必要な成分で、摂らないと肌も髪もカサカサになってしまうそうです。それじゃあ、せっかく痩せても意味がないですよね。また、腹持ちがいいので、むしろダイエットの味方になるそうです。

ダイエットにおすすめしないオイルは

飽和脂肪酸

オイルには、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。飽和脂肪酸は、サラダ油、ごま油、バターなど。不飽和脂肪酸は、オリーブオイル、DHAやEPA、亜麻仁油など。どちらがワルモノというわけではないのですが、現代の食事では、飽和脂肪酸を摂りすぎているケースが多いため、バランスをとるために、不飽和脂肪酸を意識して摂ることがオススメです。

ダイエットにおすすめのオイル

オリーブオイル

目安は一日小さじ一杯程度をサラダにかけたりするか、水と一緒に飲むか。私は、飲むか、トーストした食パンにつけて食べてます。腹持ちが良いので、小腹がすいた時にごくり。主成分はオレイン酸で、便秘の改善に効果的と言われています。ただ、オリーブオイルも油なので高カロリー。摂りすぎには注意が必要です。

亜麻仁油・エゴマ油

身体に必要なオメガ3脂肪酸を豊富にふくんでいることで知られる亜麻仁油。血液をサラサラにするため、動脈硬化や脳梗塞・高血圧予防など嬉しい健康効果が期待できます。 私は高血圧予防に小さじ一杯飲んでます。ダイエット効果としては、亜麻仁油にはリノール酸も含まれているため、コレステロール値を下げる効果が報告されています。ただ、やはり亜麻仁油も油なので、摂りすぎには注意です。また、亜麻仁油は熱に弱いので、加熱調理には使わず、サラダにかけるか飲むか程度に留めておいてください。エゴマ油も大体同じようです。



ナッツ類

油の話じゃないの?と思われたかもしれませんが、ナッツの主成分は油です。アーモンドやカシューナッツ、ピスタチオにはオレイン酸が含まれています。また、クルミにはオメガ3脂肪酸が含まれていて、いずれも身体に不足しがちな油分です。また、ナッツにはビタミンやミネラルが豊富に含まれていて、腹持ちもいいので、小腹がすいた時のダイエット中のオヤツに最適です。

MCTオイルダイエットは効果なし!?

「ダイエット オイル」で検索すると、一番に出てくるのが「MCTオイル」です。MCT(Medium-Chain Triglyceride)オイルとは、「中鎖脂肪酸」のみで構成されたオイルのこと。ココナッツオイルから中鎖脂肪酸のみを抽出したものが多い印象です。 有名なのがバターコーヒーダイエットですよね。朝の食事をグラスフェッドバターとMCTオイルを混ぜてクリーマーで泡立てた、「バターコーヒー」に置き換えるダイエットです。ただ、バターコーヒーダイエットは、糖質制限とセットで行わないと、逆に太ります。私は、糖質制限をしても全く痩せない体質どころか、糖質をある程度摂らないと飢餓スイッチが入ってリバウンドしてしまうので、バターコーヒーダイエットは合いませんでした。腹持ち的にも、朝一杯のバターコーヒーでは空腹に耐えられませんし。あまり過信しないことをオススメします。

まとめ

私は、毎日オリーブオイルと亜麻仁油を小さじ一杯ずつ飲んで、順調に痩せていっています。 たまにナッツ類をオヤツに食べることもあります。 ただ、重ねて注意ですが、どれも油なので、摂りすぎると太ります!!ただ、脂質の所要量を超えない範囲で、良質な油を摂れば、油を控えるよりむしろ痩せる、というのが実感です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました